- エボリューションblog

エボリューションblog ホーム »

ディアベルチタニウム ブレーキ・クラッチマスター別体化

以前ブログに記載した記事を見てのご依頼です。

IMG_3325.jpg

ブレーキマスタータンクとクラッチマスタータンクの蓋からのブレーキオイルが滲みと腐食から解放されます。
before
IMG_3326.jpg
IMG_3327.jpg
after
IMG_3328.jpg
IMG_3329.jpg
IMG_3330.jpg



市販車最強EVバイク エネルジカに乗ってみました

エネルジカのEVバイク エバを試乗しました

エネルジカは昨年までFIM電動バイクレース世界選手権 MotoEで使用されていたメーカーです。

レースで培ったノウハウで、現在日本で手に入る公道走行可能な電動スポーツバイクでは最強と思われます。

eva1.jpg
乗った感じは非常にスムーズです。低速でもギクシャク感はなく、走り出すと「ヒュ~ン」というモーター音がして高回転になるにつれ「キーン」という音に変化します。回転数が上がるとかなり速いです。

唯一止まっているときに全く音がしないので違和感を感じますがEV自動車やハイブリッド自動車に乗っている方でしたらすぐになれると思います。

また減速時は回生ブレーキが効くのでガソリン車のエンジンブレーキになれている方でも問題ありません。回生ブレーキの効き具合は調整可能です。

足回りもしっかりしています。フロントはマルゾッキ製、リアはビチューボ製です。スポーツライディングでもしっかり付いてきます。
eva4.jpg
eva3.jpg

エンジンに変わるパワーユニットはバッテリーとモーターだけ。ほぼメンテナンスフリーでランニングコストが抑えられます。
eva5.jpg
バッテリーはかなり大きくこのバイクの車重の大半を占めています。その分航続距離は長くカタログ値で420kmとなっています。
ただし回生ブレーキをあまり使わず高回転を回し続ける高速道路などは極端に航続距離が落ちるみたいですね。

eva2.jpg
メーターには電気使用量がバーグラフで表示されます上側の緑と赤のバーがそれで△マークを起点に回転数が上がると右方向に緑色のバーが伸び、減速すると左方向青いバーが伸び充電してることを表示します。

eva8.jpg
充電方式は四輪と同じで急速充電と普通充電に対応。急速充電は0からの受電で30分程度で満充電、普通充電は6時間ほどです。高速のパーキングなどにも急速充電器がありますので出先でも安心です。途中の充電でしたら15分も行えば十分ですね。

ナンバーはなんと軽二輪!免許は大型が必要ですので間違いなく大型バイクだと思いますが電動バイクの区切りで軽二輪ナンバーとなるようです。もちろん車検はありません!!

また、電動バイクはエンジン熱やマフラー熱に悩まされることがなくすこぶる快適です。

現在エネルジカの車種ラインナップは
ego.jpg
レーサーレプリカ系のEGO
eva ribelle
ハイパーネイキド系のEVA RIBELLE
esseesse9.jpg
クラシック系のESSEESSE9
experia.jpg
アドベンシャー系のEXPERIA

エネルジカに価値を見出した人は考えてもいいかも

MVアグスタ BRUTALE1000RS SCプロジェクト スリップオン装着

MVアグスタ ブルターレ1000RSにSCプロジェクトスリップオンサイレンサーを装着です

IMG_3110.jpg

IMG_3111.jpg

IMG_3112.jpg

排気口は大きいですが腹下に純正のタイコがあるため音量はノーマルより少し大きい程度です。

こちらより排気音が確認できますSCプロジェクト排気音

純正サイレンサーの重量は4500gでSCプロジェクトはチタン&カーボン製で915gとなります。

3585gの軽量化となりますが、ブルターレ1000のサイレンサーはバンク時に移動量が多い車体上部に位置するためハンドリングに大きく影響します。

楽しく走れますね

MVアグスタ F3RR フェンダーレスキット装着

MVアグスタ F3RRにモトクレイジー製フェンダーレスキットを取り付けます

IMG_3027.jpg
IMG_3029_20230702194204e2f.jpg

純正は後方に飛び出ていますがこちらはコンパクトにまとまってスッキリします

MVアグスタ F3RR 付属レーシングキット装着

MVアグスタ F3RRに新車付属品のレーシングキットを装着します

IMG_3002.jpg

IMG_3004.jpg  IMG_3012.jpg

IMG_3005.jpg  IMG_3011.jpg

IMG_3003.jpg  IMG_3008.jpg IMG_3006.jpg  IMG_3009.jpg

IMG_3007.jpg  IMG_3010.jpg

IMG_3015.jpg

アクラポビッチのサイレンサーはヨーロッパ認証のeマーク付きです。

専用ECUを装着する場合はタンク下ですのでタンクを外す必要があります。また専用ECUは診断機にて車体のデータを読み込ませる必要があります。読み込みを行わないとクイックシフターが正常に作動しません。

スポーティに変身しました。

後はフェンダーレスキットですかね