バイク用ドライブレコーダーの勧め - エボリューションblog

エボリューションblog ホーム» ショップ情報 » バイク用ドライブレコーダーの勧め

バイク用ドライブレコーダーの勧め

当店試乗車のツーリズモベローチェ800LUSSOにドライブレコーダーを装着します

あおり運転等を対象とする「妨害運転罪」が令和2年6月30日より施行となりました。

万が一の事故やあおり運転を受けたときに証拠となる映像は残したいですね。

今回装着する製品はこちら
1618.jpg
ミツバサンコーワ EDR-21です。(これの上位モデルでGPS搭載のEDR-21Gもあります)

ドライブレコーダーを選ぶときの条件としては前後2カメラであること。後方からのあおりや衝突も多いですので必須条件となります。

次に信頼できるメーカーの製品であること。二輪車の場合雨風にさらされ4輪よりも振動が多く発生します。常設を前提とした設計となっておりますので故障やトラブルの際の脱着はかなりの手間がかかるので要注意です。

ミツバサンコーワの社名をお聞きになったことがある方も多いと思いますが二輪のETC車載器を作っているメーカーです。サポート体制も整っているのでお勧めです。

1627.jpg

1628.jpg

カメラ角度の調整は専用アプリを使えばグリッド表示付き画像をスマホで確認しながら行えます。もちろん走行した動画もWi-Fi接続で見ることができます。

今回装着したのはEDR-21ですが上位モデルのEDR-21GはGPS機能付きで車速や地図上で軌跡を確認しながら動画を見ることができます。
EDR-21G.jpg

二輪用ドライブレコーダーにはモニター付きの製品もありますがモニターを確認するためには本体をハンドル近辺に常設することとなってしまいます。デザインの美しいイタリア車にちょっと...

EDR-21本体の大きさはETC車載器と同じくらいです。
1619.jpg

さて、ドライブレコーダーに似ているものでアクションカムがありますが使用目的が全く違います。違いについて簡単に説明いたします。

まずドライブレコーダーですが「いつ起こるかわからない万が一の為」の装着となりますのでエンジンを始動する際確実に電源が入っていること、延々と動画を撮り続けるのがドライブレコーダーです。

これに対しアクションカムは動画を撮りたいと思ったときに撮影を開始するものです。サーキット走行やツーリングの思い出画像撮影やネットアップに適しています。電源の入れ忘れやメモリー不足になる可能性があるのでドライブレコーダーとしての使用はお勧めではありません。

ちなみにアクションカムのお勧めはGoPro。テレビ局がモービル用として使用するくらい映りがよいです。周辺機器やソフトも充実していますね。

※ドライブレコーダーは上書き機能があるため映像が短期間撮影のホルダーに分割されるのでネットアップには向きません。

二輪車には転倒というリスクがあります。加害者がそのまま逃げ去った場合追いかけることもできないため加害者を特定できずに治療費や高額な修理代も自腹となります。

自己防衛として二輪車にもドライブレコーダーが必要な時代になったと思います。

ドライブレコーダの装着をご検討される方はぜひご相談ください

関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

https://italianevo.blog.fc2.com/tb.php/1556-7dc23885