ドゥカティ SCRANBLER テルミスリップオン装着 - エボリューションblog

エボリューションblog ホーム» DUCATI » ドゥカティ SCRANBLER テルミスリップオン装着

ドゥカティ SCRANBLER テルミスリップオン装着

DUCATI スクランブラーにテルミニョーニスリップオンを装着します

こちらはモデルがフルスロットルですので元からパフォーマンスオプションのEvo-Line・ユーロ規格適合サイレンサーが付いております。ECUプログラムマップは他のモデルと同じですのでパワーは変りません。
DSC_8841.jpg

DSC_8842.jpg

Sport-Lineレーシングサイレンサーを装着です。
DSC_8843.jpg DSC_8870.jpg
部品番号の下に記載されている「1107」と言う数字はスクランブラー開発時に割り当てられた社内コード(秘密が漏洩しないようにこのコード番号で管理されます)、後の「D149」と言うのがこのマフラーキットの管理番号です。

DSC_8866.jpg

DSC_8868.jpg

DSC_8869.jpg
いい感じです

サイレンサーの形状も好みですし音もGOODです。

バッフルつきでもノーマルより音量はかない大きくパワフルです。

DSC_8871-1.jpg
腹下に排気菅長を稼ぐための飛び出しがあります。ノーマルはここに大きな触媒があり音量を殺しています。

こちらのサイレンサーはユーザー様レベルでも取り付けは可能だと思いますがマップの切替はディーラーへ持ち込まないと出来ませんのでご注意ください。

ん~スクランブラーは売れそうです。リセールバリューは高そうですのでセカンドバイクに購入しても良いですね。エボリューションでも降ろしますよ

サウンドはこちら


関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://italianevo.blog.fc2.com/tb.php/941-cf1d5670