ドゥカティ オイルランプ リセット - エボリューションblog

エボリューションblog ホーム» ショップ情報 » ドゥカティ オイルランプ リセット

ドゥカティ オイルランプ リセット

1199パニガーレRのオイルランプ リセットです

こちらはTEXAの診断機を使用します。ドゥカティ専用診断機DDSのベースとなる診断機です。
DSC_8860.jpg
本体はブルートゥースでパソコンと通信します。

DSC_8856.jpg DSC_8857.jpg
メーカーの指定距離になると電源投入直後でかでかと「OIL SERVICE」の文字がでます。その後サイドスタンドマークの下にビックリマーク付きで表示されます。

こちらのサービスマークが出ていても機械的にはなんら問題ないのですが何となく故障みたいでイヤですよね

こちらがサービスランプリセットの画面です。
DSC_8858-1.jpg

リセット後は
DSC_8863.jpg DSC_8862.jpg
電源投入直後に次のサービスランプ点灯時までの距離をカウントダウン表示します。その後は完全に消えます。

合わせてドライブチェーンもDIDのゴールドに交換です。
DSC_8854.jpg DSC_8855.jpg
純正はレジーナZRP表面処理無し、錆びやすいのと見た目が劣ります。取り付けたのはDIDのZVM-X、DIDの最高峰ゴールドチェーンです。

レジーナはイタリアのチェーンメーカーの中ではトップメーカーですがやはり世界No1はDIDです。

フリクションロス、破断強度、耐久性に優れます

昨日もムルティストラーダ1200Sの「24000kmサービスランプリセット」をしました。今の車両は診断機がないとサービスランプも消せないんですよね。

関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://italianevo.blog.fc2.com/tb.php/940-fd0808a7