フロントフォークインナーチューブのメンテナンス - エボリューションblog

エボリューションblog ホーム» その他 » フロントフォークインナーチューブのメンテナンス

フロントフォークインナーチューブのメンテナンス

こちらは当店で車検整備時や納車整備時に必ず行う作業です。

フロントフォークインナーチューブにウエスを巻いてシリコンをスプレーします
DSC_8471.jpg
シリコン液がブレーキ周りに飛ばないよう慎重に作業します。

DSC_8472.jpg
ウエスをクロスさせてインナーチューブ全体を清掃します。

当店で使用するのはワコーズのシリコーンルブリカント。通称SLです。
DSC_8473.jpg

こちらはシリコン粒子が均一で細かい上質なシリコンを使用しています。

ホームセンター等で売っている安いシリコンスプレーとは違います。おすすめです

フロントフォークインナーチューブは油が切れたままにしておくと錆びが発生したり、ピッチやタールなど落ちずらい物が付着するとオイルシールを傷めてオイル漏れを起す原因となります。

間違ってもやってはいけないのがルーセン等の潤滑剤やパーツクリーナーなどを使用すること。こちらはオイルシール、ダストシールを傷めますので使用してはいけません。

定期的にシリコンでメンテナンスをしたい部分です。

またSLインナーチューブ以外の金属部の清掃、さび止めとしても広く使用できますので1本持っていてもよろしいかと思います。

錆び易いネジなどに吹きかけておくと良いでしょう

関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://italianevo.blog.fc2.com/tb.php/924-9b54acad