MVアグスタ F4 カーボンミラーウイング 取付け - エボリューションblog

エボリューションblog ホーム» ショップ情報 » MVアグスタ F4 カーボンミラーウイング 取付け

MVアグスタ F4 カーボンミラーウイング 取付け

MV AGUSTA F4のミラーにMVアグスタコルセのカーボンミラーウイングを取り付けます

DSC_1606_20171224135906801.jpg
RDTL040018T 税込み¥50415(左右セット)

DSC_1607.jpg
こちらの交換、簡単そうに思いきや、結構大変です。

DSC_1608.jpg
ミラーの下側、赤丸穴がミラーウイングを止めているネジにアクセスできる穴となります。

赤丸の穴からミラーウイング固定ねじが簡単に回せれば良いのですが、実は画面左側の赤丸穴からはウインカーボディが導線を遮っているためネジを緩めることができません。

このためウインカーを外す必要があります。

青丸部のウインカー固定ネジをを外します。

ウインカーはかなりきつくはまり込んでいます。

ウインカーはめ込み穴は入口が狭く作られているため手で引っ張っても簡単には外れません。(決して、表側からマイナスドライバーなどを入れて外そうとしてはいけません。必ず傷が付きます)

ウインカーを外すには、このようなL字の工具を使用します。
DSC_1610.jpg

ウインカーボディを裏側から押して外します。(外側の穴のみ)
DSC_1609.jpg

こちらが外れたウインカー
DSC_1611_20171224135913a97.jpg
内側は爪で引っかかっています。赤丸の爪が折れないように注意して作業します。

これでミラーウイング固定ネジにアクセスできるようになります。
DSC_1613.jpg
下の穴からでも緩みますが薄型ラチェットをお持ちであればウインカー取付け穴からの作業が確実です。

DSC_1614.jpg
純正のミラーウイング固定スクリューはタッピングネジですがMVアグスタコルセのカーボンミラーウイングは取付け部がアルミ製でネジ溝が切ってあります。ネジ穴はM4-0.7Pです。ネジは付属しません

DSC_16151.jpg
画像は10mmの長さのボルトを入れたものですがミラーボディ厚4.0mmに対しネジが余ってしまうためしっかり固定できません。ネジはM4の8mmの長さがベストです。

ミラーは振動がある部分ですのでロックタイトを付けましょう。
DSC_1616.jpg

DSC_1617.jpg
完成です。

※ミラーの補修塗装の場合もこの手順で分解しますが塗装の場合は注意が必要です。


ウインカーがかなりきつくはめ込まれているためウインカー穴の周りに塗料が厚く乗るとウインカーがはめ込みできなくなります。無理に入れようとすると爪が折れますのでご注意ください。

塗装に出す際には部分塗装でウインカー穴は塗らないのがベストです。

このためウインカーの色変え塗装はNGとなります。95%くらいの確率で失敗すると思われます。

ご参考までに

関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://italianevo.blog.fc2.com/tb.php/1342-8a3c37d5