ドゥカティ Panigale R レーサー作成 - エボリューションblog

エボリューションblog ホーム» ショップ情報 » ドゥカティ Panigale R レーサー作成

ドゥカティ Panigale R レーサー作成

パニガーレRのレーサーを作成です

DSC_6439.jpg

レース用カウルを装着するだけですが・・・・

スーパレッジェーラ以降のパニガーレR及び1299パニガーレには6軸慣性センサー(IMU)が装備されております。

6軸は左バンク角、右バンク角、左ハンドル切れ角、右ハンドル切れ角、上方向角、下方向角の6方向です。

バンク角に合わせてスポーツABS、トラクションコントロール、ウイリーコントロールの介入度を変えるためかなりシビアな取り付けが要求されます。

ノーマル位置はヘッドライトの上
DSC_7942.jpg

レース用カウルはライトがなくなるので
DSC_7943.jpg
必ず車軸の中心線上で角度もぴったり合わせます。

このほかにもネジ穴トリミングや一部取り付け加工、マフラー接近部の遮熱処理も行います。オイルキャッチアンダートレイの取り付けはかなり苦労します。

DSC_7944.jpg
ヘッドライトの無いレースカウルはカッコイイ

ブレーキマスターはストリート用に装着されていたRCSタイプからレーシングマスターに変更
DSC_8010.jpg  DSC_8011.jpg

合わせてディライト製のサイドスタンドキャンセラーとハンドルストッパーも装着
DSC_8009.jpg

DSC_8008.jpg
ハンドルストッパーはジュラコン製で転倒時にフレーム側を傷めません。

これで安心してサーキットをはしれることでしょう

関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://italianevo.blog.fc2.com/tb.php/1234-de29cde7