ディアベルカーボン オーリンズフロントフォーク - エボリューションblog

エボリューションblog ホーム» ショップ情報 » ディアベルカーボン オーリンズフロントフォーク

ディアベルカーボン オーリンズフロントフォーク

黒いオーリンズフォーク、ディアベル乗りの方ならお分かりですよね

DSC_4435_20160522101129f4a.jpg

純正のフロントフォークと比べるとストローク量がまるで違います。

DSC_4445.jpg

アウターチューブが長くなるとインナーチューブとの接点支持幅が広がり剛性が増します。

ストローク量が減るため動きが硬くなりそうですが、乗り心地は良くブレーキ時の挙動変化が少なく良い感じです。

かなり乗りやすくなります おすすめです。

さてディアベルの純正フロントフォークの動きが悪く、乗ったときにごつごつ感を感じると言う方が結構いらっしゃいますが・・・

プリロードが全戻しになっていて初期作動が悪くなっていると言うパターンが殆どです。

硬く感じる→プリロードを抜く、これは間違いですので試しにプリロードを掛けてみてください。結構改善されると思いますよ

アウターチューブが同じ黒なのでステッカーを貼れば・・・なんちゃってオーリンズ完成!
DSC_4504.jpg
と思いきや、インナーチューブの色が違います。

オーリンズフォークを知っている方は遠めから見て「おっ!インナーチューブがゴールドだ」と気が付いて近づいて確認しますのであまり意味がありません。インナーチューブをゴールドに再コーティングまですれば褒めてあげたいですがコストと時間を考えれば交換したほうが得策ですね。

冗談を言っている間に完成です。
DSC_4449_20160522101134d9b.jpg

合わせてタイヤもミシュラン新発売のパワー3に交換いたしました

DSC_4446.jpg

関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://italianevo.blog.fc2.com/tb.php/1141-3b75320a