ドゥカティ スクランブラー ネオ セパハンキット - エボリューションblog

エボリューションblog ホーム» ショップ情報 » ドゥカティ スクランブラー ネオ セパハンキット

ドゥカティ スクランブラー ネオ セパハンキット

弊社カスタム車 SCRANBLER NEO のセパレートハンドルに付いてお問い合わせが多いので少々説明しておきましょう

DSC_4046.jpg

DSC_4047.jpg

使用しているセパレートハンドルは台湾製のアクセルと言うメーカーの製品です。

垂れ角がが自由に調整できるので絞りと合わせて好みの位置にハンドルを調整できます

台湾製品は比較的作りのよいものが多く価格も安いのが特徴です。

ネットで価格が11800円で販売されております。

この作りで日本製だったら楽に3万円以上しますのでかなりお徳だと思います

デザインと作りはTWOブラザースレーシングの製品に似ています。多分これを見本としているでしょう。

DSC_4048.jpg

ハンドルを取り付けるに当たり問題となってくるのがフロントフォークのアウターチューブ外径です。

スクランブラーのアウターチューブ外径は一般的な50φかと思いきや・・・50.9mm(実測50.85mm)

51φのセパレートハンドルだったら装着できますが、角度調整機能を持っている物は殆ど存在しません。

SCRAMBLER NEO は弊社オリジナルのセパハンクランプキットを使用しております。車輌をすでにお持ちでセパハンをつけたい方はこのパーツのみの販売もしておりますのでご相談ください。
600.jpg
販売価格は現在¥39800(税込¥42984)です。殆ど利益がないので価格改定となる場合がございますがご了承ください。

このキットはフロントフォークのトップキャップを長い物に交換してセパレートハンドルを装着するための物です。
DSC_4039.jpg
画像黄色矢印の部分に段差があります。

太いほうがフロントフォークアウターチューブと同じ径、細いほうが50φでセパレートハンドル取りつけ径となっております。

DSC_3354-1.jpg
フロントフォークトップキャップを外します。

DSC_3359.jpg
ハンドルポストを取り付けるとこんな感じ

DSC_3361.jpg
段差の部分までトップブリッジに隠してトップブリッジの固定ボルトを締め付けます。

トップキャップを延長しただけでハンドルを付けてしまうと、トップキャップはネジ込んであるだけですので左ハンドルは手前に引くと、右ハンドルは前へ押すと緩んでしまいます。

トップブリッジでフロントフォークアウターとハンドルポストを供に固定することによってハンドルポストを緩まないようにする構造となっております。

ハンドル回りのカスタムは取付けを誤ると大変危険ですのでショップまたは整備資格のある方に依頼しましょう

関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://italianevo.blog.fc2.com/tb.php/1121-f586072a