M400IE エンジン不調修理 - エボリューションblog

エボリューションblog ホーム» ショップ情報 » M400IE エンジン不調修理

M400IE エンジン不調修理

エンジンが止まって走行できなくなったM400の修理です。一緒に車検もご依頼頂きました。

DSC_1822.jpg

プラグを交換して主要箇所を調整、エンジンを始動すると調子が良くありません。

排ガス濃度を測定したところCO値が8.0%です。

M400IEは通常2.0~3.0%位ですのでかなり濃い状態です。これでは調子が良いわけが有りません。

車検規制値上限が4.5%ですので車検にも通りませんね。

以前に社外マフラーでも装着されていて濃く調整されていたのでしょうか?それでも濃すぎですが・・・

さて、M400IEの排ガス濃度調整は専用の診断機で行います。この車両は排ガス濃度を下げるためにエアスクリューを目一杯開けてありましたが調整範囲外です。

診断機を所有していないショップでは燃料噴射量の調整できませんのでご注意ください。

予断ですがCOとは一酸化炭素の事です。よく火災時の話に出てくる一酸化炭素中毒の元の有害物質ですね。

調子の悪い車両をガレージや車庫の中で暖機すると一酸化炭素で息苦しくなってきたり目がシュパシュパしてきますのでご注意ください。


合わせてタイミングベルト、エアクリーナー、フェールフィルター、エンジンオイル、オイルフィルター、ブレーキ・クラッチオイル、タイヤと一通り交換します。
DSC_1764.jpg
フェールフィルターはタンクの中、フィルターは金属製から樹脂製へと変更されています。フィルターには方向性がありますので取付けには注意が必要です。

DSC_1763.jpg
タイミングベルトの張り調整は振動周波数で合わせます。

もちろん整備後は絶好調 車検も楽々パスします

関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://italianevo.blog.fc2.com/tb.php/1051-62e76d17