ドゥカティ スクランブラー セパハン化 - エボリューションblog

エボリューションblog ホーム» ショップ情報 » ドゥカティ スクランブラー セパハン化

ドゥカティ スクランブラー セパハン化

今日はスーパームーン 写真では差ほどでも有りませんが肉眼ではうさぎが見えそうなくらい・・・大きいです

DSC_0881.jpg

さて、セパレートハンドル化のスクランブラーですが振動対策を施します。

アルミ製のセパレートハンドルは軽量かつ、短いためしなりが殆どなくエンジン振動や走行振動が伝わりハンドルに微振動が発生します。これが長時間走行する時に結構疲れるんです。

ノーマルハンドルはバー自体が長く、適度なしなりと重量があります。またトップブリッジにダンパーが埋め込まれていてハンドルポストとの間で振動を吸収します。

今回はヘビーウエイトのバーエンドとバーエンドナットを使用します。

DSC_0858.jpg DSC_0860.jpg

左が同形状のアルミ製バーエンド、右がヘビーウエイトバーエンドとナットになります。

その差345g、結構な重さですね。

ヘビーウエイトバーエンドは無垢のブラス製(真鍮製)です。今回は黒く塗装して使用します。

ブラス製は思いのですが金属の中では柔らかく少しぶつけただけで大きく変形してしまうのが難点ですね。

DSC_0877.jpg

バーエンドの差込部、ハンドルバーへ強く当たる部分にビニールテープを巻きます。

これは金属同士の直接接触を避けて震動吸収を効果的にするために巻いております。

車両完成まではもう少し掛かりそうです。
関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://italianevo.blog.fc2.com/tb.php/1004-2b5de3c5