エボリューションblog

エボリューションblog ホーム »

最終便! ドラッグスターRR イエロー/ブラック 入荷しました!

最終便のMVアグスタ ブルターレ800ドラッグスターRRが入荷しました

イエロー/ブラックは一番人気のカラーですがこの便で生産終了となっております。

次回入荷はございませんのでご検討中の方はお急ぎください

DSC_3667.jpg

F3-800RC オーリンズリアショック取付け

先日のオーリンズフロントフォーク取付け車両にオーリンズリアショックを取付けです

DSC_3589.jpg

取付けにはABSユニットのボックスとステーの加工が必要です

DSC_3618.jpg

DSC_3619.jpg

沈み込み初期の動きが良く路面ギャップを吸収してくれます。乗り心地が向上します。

また深く沈み込んでからは腰がありタイヤのグリップ力を感じることが出来ます。コーナーリングの安定感抜群です

お薦めです

ブルターレシリーズには比較的簡単に装着できます。

F3のABS付車両への装着はかなりの知識が必要ですので弊社へご用命ください。

⇒ 続きを読む F3-800RC オーリンズリアショック取付け

F3-800RC オーリンズフロントフォーク取付け

MVアグスタ F3-800RCのオーリンズフロントフォークを装着します

DSC_3583.jpg

DSC_3588.jpg

DSC_3587.jpg
こちらのフロントフォークは純正ザックスフォークと太さが違うためトリプルツリーとハンドルを交換する必要があります。

アンダーブラッケットのステムベアリングは外そうとするとその下に入っているオイルシールが破損してしまいます。弊社ではベアリングとシールは新品を使用します。(常時在庫しておりますので必要な方はご連絡ください)

まず最初にフロントの高さを測定します。これはオーリンズ装着後車高を標準値に合わせるために必要な作業です。
DSC_3590.jpg

フロントフェンダーは太くなったアウターチューブと干渉するため加工が必要となります。

製造元から出ている指示書はこんな感じ
DSC_3596_201806062121423f6.jpg
この形状だとちょっと削りすぎな感じですね。

弊社で加工したものがこちら
DSC_3593.jpg

干渉する部分だけを削ります。
DSC_3594.jpg
きれいに避けています。

DSC_3584.jpg  DSC_3597_201806062121456d0.jpg
                 ボトムが削りになってちょっとゴージャス

DSC_3600.jpg

純正っぽいですがちらっと見えるゴールドがおしゃれです

この後はリアショックを交換します

ディアベル オーリンズフロントフォーク&アクアリウムクラッチカバー装着

DUCATI DIAVEL DSにオーリンズフロントフォークを装着します

DSC_3495.jpg

DSC_3508.jpg

オーリンズは作動がスムーズなため路面のギャップをよく吸収してくれます。乗り心地が改善されます。

またブレーキ時も路面追従性が良いため安定します。

インナーチューブがゴールドになるのもカスタム感が出ますね

こちらはDUCABIKEのアクアリウムクラッチカバー
DSC_3507.jpg

中が見えるようになるのでスプリングトップリングとプレッシャープレートも変えています。

くるくる回っていい感じ!メカニカルです

F3-800RC フロントフォークチタンコート&オーリンズ加圧インナー

F3-800RCのフロントフォークチューニングです

フロントフォークインナーチューブをチタンコート加工します。

DSC_3490.jpg

インナーチューブコーティングは時間が掛かるため当分このままです。

合わせてフォークインナーカートリッジをオーリン製ガス加圧インナーカートリッジに交換します。

DSC_3491.jpg

効果はノーズダイブが通常のフォークに比べ極端に少ないこと、それでいて路面追従性が高くなっています。

装着された車両に乗ってみるとわかりますがフロントブレーキをかけてもフォークが全然沈んでいる感じがしません。

「硬すぎ?」と一瞬思いますがギャップの吸収性やコーナーの旋回性も良いのです。

初めて乗るとかなり変な感じですが性能は素晴らしいです。

サーキット走行で使用したらタイムアップ間違いなし、モトGPやワールドSBKで使用されている車両もほぼ全車加圧式フォークを使用しています