エボリューションblog

エボリューションblog ホーム »

DUCATI デスモセディチRR 車検

ドゥカティ コードネームD16RR、デスモセディチRRの車検お預かりです

DSC_4849_201810171439536bd.jpg
4気筒エンジンのパニガーレV4が出ても特別感漂う車両です。

当時100万円だったGP7タイプのフルエキゾーストキットは中古パーツ市場で新品価格以上の値が付くとか・・・
DSC_4850.jpg
DSC_4851_20181017143956b72.jpg
右アンダーカウルとテールセンターの2本出し

DSC_4852_20181017143958fc9.jpg
ノーマルとは取り回しが全く違うためスイングアームには大きな穴が残ります。

こちらはマルケジーニ17インチホイール
DSC_4853.jpg
ノーマルの16インチホイールでは純正タイヤの選択肢しかなくグリップ不足、GPマシンレプリカなのでハイグリップタイヤを装着したいところです。こちらも現在は入手不可。

DIAVEL DARK フルパワー化

ドゥカティ ディアベルダークのECUを書き換えます

DSC_4848.jpg

排気デバイスは全開固定、162HPの表示が入ります
DSC_4481 - コピー
DSC_4482 - コピー
DSC_4483 - コピー
パワフルかつ乗りやすくなります

HYPERMOTARD821SP アエラビレットペダル装着

ドゥカティ ハイパーモタード821SPにアエラ製の削り出しブレーキペダル、チェンジペダルを装着します

DSC_4841.jpg
この製品の最大のメリットは固定ボルト部にベアリングが入っていてペダルの動きがスムーズでタッチが良くなること

ペダル先端が可変になっていて高さ調整が楽なのもよいですね。

before
DSC_4839.jpg DSC_4840.jpg

after
DSC_4842.jpg
DSC_4843.jpg
DSC_4845.jpg
DSC_4844.jpg

見た目もよくなります

ドゥカティ Panigale V4S アクラ スリップオンキット装着

DUCATI パニガーレV4Sにドゥカティパフォーマンス製のアクラポビッチ・スリップオンキットを装着です

DSC_4797.jpg
DSC_4796.jpg

交換はフルエキよりは楽ですがシートレールは外さないと作業できません。(フルエキの場合これにプラスでフロントホイール、ラジエター、ラジエターファン、オイルクラーの脱着が必要です)

DSC_4799.jpg

DSC_4803_20181001182902237.jpg
赤丸部分を止めているナット1個を外すためだけにセンターカウル、タンクカバー、フェールタンク、シートレールを外す必要があります。

作業する方からするとちょっと納得いきませんがこのナットが止まっているスタットボルトの前に金属製のヒートガードが陣取っているので仕方ありません。

DSC_4810.jpg
DSC_4809.jpg
一応ノーマルのアンダーカウルは取付け可能ですがかっこ悪いのでアクラ用アンダーカウルは必須ですね。後日取付けです。

DSC_4814.jpg

なんとなくフルエキより音が大きいような気がしたのですが気のせいでしょうか?

DSC_4812.jpg DSC_4811.jpg
スリップオンキットは途中から品番が変わっていました。

内容物を確認したところゴムホースが2本追加となっております。

何に使用するかは確認中です。

新型2018 DRAGSTER 800 RR ミラー交換

本日より2018 DRAGSTER 800 RR の試乗キャンペーンが始まりました

先日2回ほどツーリングで使用し1000km走破、慣らし運転を完了しましたが乗った感じは良好、サスペンションもよく動きコーナーリングで沈み込むとグリップ感を強く感じられます。

エンジンフィーリングも申し分なく、特に高速域の伸びは気持ち良いものがあります。

唯一気になったのがハンドル幅。
DSC_4780_201809292036585de.jpg
バーエンドミラーはかっこいいのだけれどちょっと幅有りすぎのようです。

ミラーの先端から先端までで119cm、レバーガードの先端幅で92cm、ハンドルバーエンド幅で83cmです。

ポジション的にはスポーツライディング向きで多少前傾になった体を支えるのに丁度いいハンドル幅で違和感は有りません。

前モデルのDRAGSTER 800RRはミラー先端幅で107cm、レバーガード幅で80cm、ハンドル幅で72cmです。

これならすり抜けも可能範囲ですのでバーエンドミラーで使用したい方は前モデルの方が良いかもしれません。
DSC_4781_20180929203700fe5.jpg

気になるところは直ぐに直します!

ということでバーエンドミラーを外して他のミラーを取り付けます。

ミラーを選択する上でのこだわりはDRAGSTERのデザインを崩さないようにミラーレンズ部を低く取付け可能なこと、ミラー先端がハンドルより飛び出ないこと。

今回使用するミラーはこちら
DSC_4786_20180929203704f3a.jpg
ミラーヘッドの形状がちょっと純正に似たリゾマ製。

このミラーをハンドル上部に取り付けるためにはミラー取付け穴を増設する必要がります。
DSC_4782.jpg
こちらはMVアグスタコルセ製のリバーレ用ミラーホルダーです。

画像の物は右側用ですがユーロ4よりクラッチマスターも油圧式になっているので左右ともに右側用を使用します。

前モデルのDRAGSTER 800RRは無加工で取付けできたのですが2018モデルはハンドル形状が変わったため右側が若干干渉します。
DSC_4785_20180929203703f13.jpg
こちらは赤丸部分を2mmほど削っています。(丁度ネジ穴すれすれ位です)

DSC_4791.jpg
DSC_4790.jpg
ミラーの関節部を目いっぱい使って長さを合わせます。

DSC_4793.jpg
なかなか良い感じの仕上がりです

MVアグスタコルセのミラーホルダーは在庫がございますので入り用な方はご連絡くださいませ。

またミラーヘッドスライド式のミラーも手配中です。

興味のある方はご連絡ください