エボリューションblog

エボリューションblog ホーム »

V4Rカスタムの続き2

V4Rカスタムを進めます

GBレーシングエンジンカバーとアエラ製エンジンスライダーを同時装着
DSC_8510_2019090818400003f.jpg
DSC_8529.jpg
V4R用GBレーシングクラッチカバーは純正クラッチカバーを外して装着します。特別感のある乾式クラッチ音が響きます

アエラ製ステップキットの装着です
DSC_8512_20190908184004644.jpg
DSC_8511_20190908184001eac.jpg
V4R用のステップキットはベースプレートにボルトの逃げ加工が施されております。

フロントスプロケットカバーをカーボン製に変更
DSC_8524_20190908184015499.jpg
クリアランスが無いため取付けには周りのパーツを外す必要があります。

TWM製 クイックタイプ タンクキャップ装着
DSC_8513.jpg

TWM製 ブレーキレバー、クラッチレバー装着 合わせてバルターモトブレーキレバーガード&バーエンド装着
DSC_8526.jpg
DSC_8528.jpg

テール周りを進めます
DSC_8515.jpg
DSC_8516.jpg
DSC_8522.jpg
上も下もカーボン

ナンバーステーはアエラ製のアルミショートタイプ
DSC_8532.jpg

カーボンリアフェンダー
DSC_8523_20190908184013c67.jpg

カーボンキーカバー
DSC_8530.jpg

DSC_8531.jpg

これくらい作業が進むとかっこよさも際立ちます

ドゥカティ パニガーレ V4Rカスタム 続編

V4Rカスタムの続きです

アエラ製のMotoGPデザイントップブリッジとハンドルを装着します

DSC_8495.jpg
カスタム感が上がりますね

カーボンメーターバイザーを装着
DSC_8498.jpg

DSC_8500.jpg
純正品は柔らかいプラスチック製なので一体式でも外れますが・・・

カーボン製は堅いので左右分割式、それでもヘッドライトを外さないと取付けできません。
DSC_8499.jpg

DSC_8503_201909071930221cf.jpg

アッパーカウルもカーボンに、、、実はこの車両 フルカーボンになる予定です。

スクリーンは元々V4Sに比べハイスクリーンとなっています。純正の野暮ったいゴムトリムを外せばカスタムスクリーンのごとくスタイリッシュに

カーボンカウルの場合、電波を遮ってしまうため通常ETCのアンテナは表に出すのですが、スクリーン越しに見えるとかっこ悪いのでアッパーカウルの中に入れてみました。 だめかなぁ~

今日はここまで

ムルティストラーダ1200Sパイクスピーク フルパワー化

DUCATI MULTISTRADA1200S PIKESPIAK のECUを書き換えます

今回ははるばる新潟県からのご来店です

DSC_8401.jpg

DSC_8405.jpg
DSC_8406_20190901183722d44.jpg
DSC_8407.jpg

ムルティストラーダ1200DSはメータのアップデートを行っていないと最初から数字の馬力表示となっている場合があります。

書換後は排気バルブを全開固定しているので電源投入時にバルブ作動音がしません。

ディアベル同様に中低速は乗りやすく、高回転ではパワフルに変身します

ディアベル ECU書換え

ドゥカティ DIAVEL CARBON DS のフルパワー化です

DSC_8396.jpg

before
DSC_8393.jpg
DSC_8394.jpg
DSC_8395.jpg

after
DSC_8398_201909011819026af.jpg
DSC_8399_20190901181904c7d.jpg
DSC_8400.jpg

中低速は乗りやすく、高回転ではパワフルに変身します

ちなみにSPORTの表示が黄色くなっているのはユーザーさんがモード設定をカスタマイズしているからです。デフルトの場合は青くなっています

MVアグスタ F3-800 SCプロジェクトサイレンサー&CNCレーシングステップキット

MV AGUSTA F3-800 に SCプロジェクト NEWハイアップマフラーとCNCレーシング ステップキットを装着です
DSC_8391.jpg
DSC_8392.jpg
SCのステッカーはサイレンサーの表と裏の両面に張るのがホイントです
DSC_8388.jpg
CNCレーシングのステップキットはステップバーがかっこいいですね。グリップします