エボリューションblog

エボリューションblog ホーム »

S4 ブレンボレーシングマスター装着

モンスターS4にブレンボレーシングラジアルブレーキマスターとクラッチマスターを装着です

DSC_0492.jpg

ブレーキは19×18の鋳造、クラッチは16×18の鍛造です。

ブレーキスイッチはブライトロジック製の機械式、オイルタンクはスモークを選択、ミラーホルダーはワークスクオリティ、ホースはグッドリッジのステンブラック特注品です。

DSC_0510_201709202006203e9.jpg
鋳造ブレーキマスターは削りだしタイプと同等性能で安価に入手できるパーツです。

DSC_0511_20170920200621fd0.jpg
クラッチマスターは削りだしタイプの鍛造品、こちらは鋳造品の設定がないためブレーキマスターと質感が変わってしまいます。同じ質感にするにはブレーキマスターを削りだしタイプにする必要があります。

ハンドル周りはこんな感じ
DSC_0513.jpg

DSC_0514.jpg

完成です

MVアグスタ TV800LUSSO 納車整備

ツーリズモベローチェ800ルッソの納車整備です

ツーリズモベルーチェシリーズはこれからの季節、ツーリングにもっとも適したオートバイです

DSC_0520_20170920140207b18.jpg

スマートフォンホルダーを取り付けます。
DSC_0515_2017092014020084c.jpg

USB電源は標準で2個ついておりますので後付の必要はありません。
DSC_0516_20170920140201be9.jpg

ちなみにヘラソケットはライダー側、パッセンジャー側それぞれ1個づつ付いています。

容量の小さいヒーティングウエアでしたら問題なく使用できますが今回は2点装着のためバッテリーから直接電源を引きます。

ツーリズモベローチェはほかのアグスタ車種に比べ大きめのバッテリーが搭載されているので安心して電気部品が使用できますね

DSC_0519.jpg DSC_0518_20170920140202cb2.jpg

さらにグリップヒターやオートクルーズ機能も標準装備されておりますので至れり尽くせりです

唯一の欠点は荷物搭載スペースがないこと

MVアグスタのこだわり、タンデムシート下には空間を設けて潔く小物入れをなくしております。デザイン優先ということでしょう。

ETC車載器はこのスペースへ
DSC_0479.jpg

ちょっとシート高は高めですがご希望の方にはローダウンキットもございます

ドゥカティ M1200R テルミスリップオン装着

モンスター1200Rにドゥカティパフォーマンス製テルミニョーニスリップオンキットを装着します

DSC_0473.jpg

こちらはレーシングタイプのためアップマップを行いパワーアップします
DSC_0476.jpg

品番はこちら
DSC_0477.jpg
取り寄せ可能です

DSC_0475.jpg

DSC_0474.jpg

軽くなり見た目もレーシー

ムルティストラーダ1200GT 車検整備

ムルティストラーダ1200GTの車検整備です

DSC_0478.jpg
ムルティストラーダ1200GTはちょっと車重が重いのとスクリーンが高いので車に積むときに苦労します

タイミングベルト交換
DSC_0379.jpg
固有振動周波数を測って調整します。

外したベルトはこちら
DSC_0377.jpg
約16000km走行です。

このほかエンジンオイル、オイルフィルター、クーラント、ブレーキオイル、クラッチオイルの消耗品ももちろん交換です。

ナンバー灯のバルブは切れやすいので要チェックです。

ご自分の車両も確認してみましょう

DRAGSTER RC ミラー移設

MVアグスタ ドラッグスター800RCのバーエンドミラーを外しブルターレ800の純正ミラーをハンドル上に取り付けます。
DSC_0412.jpg

使用したのはMVアグスタコルセのミラーホルダーです。
DSC_0411.jpg

今回はレバーガードはそのまま残し、ミラーのみの取り外しです
DSC_0410.jpg

DSC_0409.jpg

MVアグスタコルセのパーツは欠品することが多いので余裕を持ってオーダーしましょう